前へ
次へ

備えておきたい医療専門学校の入学試験

医療専門学校への入学を希望するのであれば、試験に備えて準備する必要があります。
入学試験内容は各学校により異なりますが、面接や小論文、一般教養であることが一般的です。
学校によっては国語や数学、英語や生物などの学力試験がある場合もあります。
入学試験としては面接試験を課すところが多く、いくつかの種類の面接形式があります。
一対一の個人面接は5分から20分であることが多く、10分から30分の集団面接では数人の受験者と一緒に面接に臨みます。
また討論形式の面接もあり、10人ほどの受験者と一緒にあるテーマについて討論を行います。
面接時間は20分から50分にも上ることがあり、積極的に自分の意見を述べるだけではなく協調性などもチェックされます。
医療専門学校の面接試験では志望理由や自己PR、卒業後の進路や得意な科目、医療問題への関心などが尋ねられます。
質問される内容を推測して、事前に答えを考えておけば余裕をもって面接に臨むことができます。

Page Top